2015年7月3日金曜日

SketchUp(3Dモデリング)に適したPC

SketchUpでのモデルの作成、そのモデルを利用したレンダリングや動画の作成にはどのようなPCを使用したら、最適なのでしょうか?
PCの性能にはCPUやメモリ容量またはGPU(グラフィックス プロセッシング ユニット)などが影響しますが、利用するアプリケーションによって要求されるスペックが異なってきますのでなかなか評価は難しいと思います。
SketchUpの操作にはOpenGL対応のGPUが必要とされていますが、最近ではオンボードのグラフィックの性能もかなり上がっているので、オンボードのグラフィックでどの程度対応が可能なのかは弊社でも興味を持っていました。
今回はエムエスアイコンピュータージャパン株式会社(通称MSI)より、最新GPU(NVIDIA Geforce GTX900番台)を搭載したノートPC3機種をお借りし、GPUの違いによってどのようなフェーズで差が出るのかをテストしてみました。

今回のテスト対象3機種


テスト機01. GT80 2QE-051JP
OSWindows 8.1-64bit
プロセッサ:Intel® Core™ i7-4720HQ CPU @ 2.60GHz
メモリ:16.0GB(8GBx2) DDR3-1600 SO-DIMM
ストレージ:SuperRaid3 512GB SSD +1TB HDD
グラフィック:NVIDIA® GeForce GTX 980M SLI構成

18.4インチ フルHD。最新のGTX980Mチップがダブル搭載され、デスクトップPCの性能を凌駕し、ノートPCでは史上最高のグラフィック性能を実現しています。




テスト機02. GS30 2M-030JPG-Dock付)
Dock内グラフィックカード使用製品
       PC本体はIntel Graphicsを使用
OSWindows 8.1-64bit
プロセッサ:Intel® Core™ i7-4870HQ CPU @ 2.50GHz
メモリ:16.0GB(8GBx2) DDR3-1600 SO-DIMM
ストレージ:SuperRaid 256GB SSD
グラフィック:
G-Dockを装着しない場合 
(Intelベース)Iris Pro グラフィックス
   5200
G-Dockを装着した場合 
  NVIDIA® GeForce GTX 970

薄さ19.88mm13.3インチで質量わずか1.2kgの軽量ゲーミングノート。拡張ボックス『G-Dock』が付属されており装着を行うことでデスクトップPCと同程度のグラフィック性能を出すことが可能です。

今回はオンボードのノートPCとしての性能をテストするため、「G-Dock」の装着は行わずテストを行いました。



テスト機03. GE62(技術サンプル)
OSWindows 8.1-64bit
プロセッサ:Intel® Core i7-4710HQ CPU @ 2.50GHz
メモリ:16.0GB(8GBx2) DDR3-1600 SO-DIMM
ストレージ:SuperRaid 256GB SSD + 1TB HDD
グラフィック:NVIDIA® GeForce GTX 970M

15.6インチ フルHD970Mグラフィックが最高画質のイメージと高パフォーマンスを実現しました。
(今回お借りしたのは技術サンプル機ですが、 市販品であるGE62 2QF 4K-068JP970M搭載、GE62 2QD-023JP960Mを搭載しています。)



SketchUpの動きは…

今回モデル全体が大きく、ポリゴン数も多数ある都市景観用モデルを使用してテストを行いました。